ホウジョウズ+橋口新一郎

〈木津川アート2018〉会場 14 恭仁宮跡(山城国分寺跡)

「試考の茶室 | 恭仁京の庵」

参加型インスタレーション・茶会

【恭仁京の庵】

恭仁京の庵は、試考の茶室にいたる参道、または結界の意味合いをもつ空間です。

この展示場所にはかつてお社がありました。なだらかな山々は、南方に平野とゆったりとした木津川の流れを抱いています。豊かな自然に恵まれたこの地は、まさしく都にふさわしい力で満ち溢れています。 恭仁京の庵は、時代を超えて、この地の力へ向き合うための参道であり、試考の茶室への結界の役割を担っています。

 

【試考の茶室】

試考の茶室は、自身で茶室空間を作る、参加型のアートワークです。

用意してある素材だけでなく、周囲に落ちる枝や石、瓦すら用いて、思い思いの茶室空間を組み立ててください。この場にある物、全てが素材です。

 

茶室は大工と建主が、現場で膝を突き合わせながら作るものでした。中でも草庵は、手近で一般的な材料を用いて、試行錯誤しながら組み上げる、仮設的な建築を指します。今回は参加するみなさんが建主であり、大工です。

 

様々な物が次々と形を変えて使用され、新しい形に組み上がっていく。

 

柱一本を立てる。

板一枚を据える。

たったそれだけの行為で、新しい空間を作る事ができます。私達が作った試考の茶室を参考に、みなさんも自分だけの茶室空間を作ってみてください。

〈茶会日程〉

3(土) 10(土)17(土)12時〜16時の間で随時(予約不要・雨天中止)

木津川アートプロジェクト事務局(一般社団法人 木津川市観光協会内)

〒619-0216木津川市州見台1-1-1 ガーデンモール木津川2階

TEL 0774-73-8191    MAIL info@kizugawa-art.com

© kizugawa art2018. All Rights Reserved.